So-net無料ブログ作成

室蘭のライブハウスで「りしりん音頭」を聞く [アート]

室蘭駅近くのライブ居酒屋「ええねん」で流さんのライブを聞いてきました。ええねんはライブがない時は居酒屋さんになります。大きくはない店内は、ギター一本のライブに最適です。流さんの前に、店主のウシダシゲノブさんの歌声から。
なかでも「いつまでたってもこの調子」、いい曲でした。ギターをかきならしすぎて腱鞘炎になったとのことですが、そのかきならしから伝わるものがありました。「ぐるぐるかき回したい」(歌詞にあります)衝動にかられます。
ガンガンきたあとに流さんの曲というのも、いい流れです。「すずなり」からの演奏です。この6月に「片想い」というカバーアルバムをリリースして、その中からも数曲。これは流さんが日本各地でライブ活動を続けるなかであった、各地で活躍する「歌うたい」の曲を歌っています。旅する歌うたいでなければできないアルバム作りです。ライブの聴き手としては、地元にいながら各地へいけるようなものですし。

リスペクトアルバム.jpg


圧巻は中盤にやってきました。ギターを置いてさりげなく羽織ったはっぴには「りしりんのキャラクター」が…。アカペラのりしりん音頭、お客さんを巻き込んでの振り、夏の夜にふさわしい、ひとときになりました。

ウシダさんと流さん.jpg


ちなみに「音更小麦学校 旅立ちのうた」(音更町)、「りしりん音頭」(利尻町)、「うにまるのうた」(奥尻町)の、各地ゆかりの歌を集めた「だいすきな、ともだちのうた」も7月にリリース。CDの売上の一部を3町にふるさと納税して、返礼品を、CDを買ってくれた人に抽選でプレゼントする企画も注目です。

みんなともだち.jpg



nice!(1)  コメント(0) 

日高の清水に心洗われる [waRashi Rod]

ちょっとだけ日高に行って来ました。すごかったのは、あれだけ雨に降られたのに、濁りがまったくない川が存在したということ。どれだけ濁りがないかというと、これくらい。

ブログ用P8120028.jpg


河川の規模としては、「湧き水」レベルではないです。しかも前日から雨が降っていたのにこの透明度。魚から丸見えです。ちなみにきのこはこんなのが大量にはえていました。

ブログ用P8120032.jpg


自分の腕ではたちうちできそうにないので、別の川に転戦。5xのリーダー(使い古し)を使ってフライを投げたのが無謀でした。しかも竿は6ft3inの藪沢仕様です。
下から湧いた大きな魚がカプッと吸い込んで、ぐりぐり振り回されて、またやってしまったと反省の「はん」くらいまでのところで切られました。

この反省を生かして3xをつけなおし、釣れたのがこの魚です。

ブログ用P8120043.jpg




nice!(1)  コメント(2) 

ことしも8月6日に思う [原発問題]

オバマ大統領が来たのはいつだったか。核のない世界にはなかなか到達しないが、初めて核武装を否定する条約ができたのは、確かだ。広島市長のいう「絶対悪」は、ない方がいいに決まっている。
nice!(1)  コメント(0) 

雨の濁りをかわせず [waRashi Rod]

昼間から夕立のような雨がふるのは困ります。Kさんとともに日高の大型河川に入ったところ、突然の雨。どしゃぶりです。あやしい雲行きに雨具をきていたので、釣っている本人は耐えられるのですが、川はあっという間に、どろどろに。小さな支流が流れ込んでいる場所は、少し濁りが薄めなので、ドライフライに反応がありました。

ブログ用ブログ用P7230084.jpg


ふと対岸を見ると、シカの角がひっかかってました。どうしたらあそこにひっかかるのか。上の原っぱでヒグマに襲われ力尽きてずるずる落ちた? ハンターに打たれたけど斜面でとまった?

ブログ用ブログ用P7230096.jpg


何か物語があったはずです。


nice!(1)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。