So-net無料ブログ作成
検索選択

国立公園の管理システムはようやくここまで来たのね [観察日記]

知床の世界遺産登録から10年たちました。何が変わったのか、10年ぶりに現地へ行ってみました。
ウトロに道の駅ができたり、エリア内にヒグマがたくさん出てくるようになったり、いろいろ変化はあるのですが、一番変わったものの一つが知床五湖の利用システムでした。

ブログ用P1080884.jpg

ブログ用P1080887.jpg


利用の仕方を、遊歩道を歩く=より自然にふれたい人向け(上の写真)、高架木道を歩く=見物できればいい人向け(下の写真)に分けたんですね。その分岐点はここ。

ブログ用P1080871.jpg

ブログ用P1080877.jpg


遊歩道に行きたい人は、知床五湖フィールドハウスに寄って、利用料を支払い、ヒグマと接触しない方法を教えて貰った上で、時期によって決められたルールのもとで遊歩道に入る仕組みです。
知床で一番困るのはヒグマとの不用意な接触。観光客がヒグマと接触してけがをしようものなら、その人が痛い思いをするだけでなく、そのヒグマを捕獲して殺すということになりますよね、きっと。観光客を攻撃したヒグマを特定できるのかしら? だとすれば片っ端から捕殺するのかしら?
ヒグマと残念な関係にならないように、事前に知識を持ってから、その領域に入ってねということですね。
それが面倒くさい人、時間がない人、景色だけで良い人は高架木道を自由にどうぞとなります。高架木道はそれなりに風光明媚です。ヒグマもこないし。

ブログ用P1080880.jpg


ちなみにフィールドハウスの出口=遊歩道の入り口には、靴の裏についた植物の種を払い落とすブラシが用意してあります。遊歩道内に不要な種を持ち込まないためです。

日本の国立公園制度ってただの観光地指定制度なんじゃないかと思ってました。でも世界遺産を機に、本当の意味で自然とどう付き合うか、新しい仕組みが実現できたので、各地にこういう仕組みが広がるよう期待しちゃいます。


nice!(1)  コメント(2) 

夏の終わりに根室地方まで [waRashi Rod]

夏も終わりに近づいてきたので、初めて根室地方の川へ行くことにしました。まずは、別海町のていしゃ場でエネルギー補給です。

ブログ用IMG_4344.jpg


補給しすぎ…。このお店は、デカ盛りで有名なお店だったんですね。これがチキンカツカレー「一般サイズ」です。ほかにどんなメニューがあるのかと言えば。

ブログ用IMG_4346.jpg


注目は、ご注文ルールの★印の項目です。トリプルサイズもあったんですね。恐るべし。

エネルギーを消費すべく、川に入ります。こちらの川は、石がなかなかありません。普段、石の川底を歩いている身としては、なんとなく物足りない?
でもアメマスはいます。

ブログ用P8313076.jpg

ブログ用P8313056.jpg


カワシンジュガイもわさわさ。踏まないように歩くのが難しいほどです。

ブログ用P8313064.jpg


人間の影響が少ないと、川はこんな感じなのかなぁとしみじみ。もちろん、そういう場所なので、キムンカムイもいらっしゃいます。

ブログ用P8313060.jpg


根室地方は食べ物も自然もオオモリ!?


nice!(1)  コメント(2)