So-net無料ブログ作成
検索選択

気になっていたあのフライを回収できる!? [waRashi Rod]

蔵前の老舗、つるや釣具ブランドのフライ回収器を入手しました。するするっと延ばして、先端の金具を使ってフライを絡んだ枝から取り外す寸法ですね。2600円。木の枝にからんだフライ、気になるんですよね・・・。もったいないというよりは、川辺に人工物を残す後ろめたさがあります。川に入ってポイントをつぶしても、たいていは何とかするんですけど、ときどき、手の届かないところにひっかかります。

ブログ用PA200525.jpg


何とかしようと、ティップの先を使ってそうこうしているうちにポッキリとか、ラインをからめて枝を引っ張ったら、ラインがスッパリということもありました。
それも、これっきりです。2600円なら価値ある投資!?
nice!(2)  コメント(2) 

限りなくゼロならなんでとの素朴な疑問 [原発問題]

「今をごまかせばそのうち…」という、あれでないことを願うのは、素朴すぎ?


nice!(1)  コメント(2) 

脱力するなぁ [原発問題]

この国なら、もし風力発電に利権があったら逆になってたろうなぁ


nice!(1)  コメント(2) 

地産地消(?)フライ [waRashi Rod]

北海道の魚を釣るのならば、北海道産の素材を使ってフライを作りたいなぁ、とかねてから思っていました。それなりの魚が釣れてから公開しようと思っていたのですが、今シーズン北海道では思うような釣果は得られませんでした。でも、日光の湯川の最終盤でケッコウよかったので、暫定公開です。

M0010373.JPG


ウイングはエゾシカ、ボディはアルパカです。要はディアヘアカディスではありますが、アルパカの毛はなぜか水きれがいいです。ブルックの反応はすこぶるよかった。来季は原産地で効果を出せるのか?
nice!(1)  コメント(2) 

あらら [ダム問題]

ムラビトたちはいろいろな策を考えているようね。

IMG_0970.jpg


nice!(2)  コメント(2) 

ムラビトたちがたくさん居るのかな? [原発問題]

ムラビト的な判断でないことをリトアニア周辺国の人々のために祈ります。


nice!(2)  コメント(2) 

そうだ!多摩川に行こう [waRashi Rod]

もっとのんびり釣れる釣り場はないものか・・・。新宿から小一時間でいける釣り場、多摩川を思い出しました! 春はマルタ釣りに行きましたが、たしかオイカワも釣れるはず。#20と#25のパラシュートを作って、さっそく河原へ。と、いきなりこの注意書き。

ブログ用DVC00003.jpg


狛江市は条例でバーベキュー禁止にしたんですよね。数年前はけっこうここで焼肉したんだけどなぁ。確かに線路の下で巨大なたき火をしている人とかいて、妙な感じになってました。でもこんな規制、たとえば、河原で芋煮を楽しむ文化のある山形ではありえない。やっぱり東京は人が多すぎるんですね。
水面はというと、ライズありです。不定期ながら、ポチャッ、ポチャッとやってます。しめしめと、2番ラインをヘロヘロッとキャスト。

ブログ用DVC00006.jpg


フライが水面に落ちると同時に魚がピチャッと反応します。食べ物が上から落ちてくるのを待っているんですね。
#20では大きすぎるのか、なかなか魚が乗らないまま。しぶとくライズに向かって投げ続けていると、クッと重みが・・・。

ブログ用DVC00008.jpg


オイカワですね。ちっちゃいけど、キレイです。何匹か釣るとさすがに群れが移動するようで、釣れなくなりました。群れによっては、同じパラシュートにまったく反応しないグループもいたりして・・・。オイカワ釣り、奥が深いかも。
nice!(2)  コメント(4) 

養沢 燃やされたクラブハウス再建へ [waRashi Rod]

関東一円は禁漁期になってしまい、憩いの場は管理釣り場に移りました。電車とバスを乗り継いでいるので到着は午前11時半。土日限定営業のおそば屋さんで早めの昼ご飯を頂いてから、川っぺりを歩いて管理事務所へ向かいます。そんなに近くはないのですが、途中、おそば屋の隣のテーブルにいた紳士が車で拾ってくれました!ありがとうございます。うれしいなぁ。
6月以来の養沢。あの痛々しいクラブハウスの焼け跡はどうなったかとのぞいたところ、基礎が打ち直してありました。

ブログ用PA070509.jpg


いよいよ再建ですねぇ。よかったよかった。でも放火犯が捕まったという話は聞かないです。
三連休の養沢はそれこそ関東中のフライフィシャーが集まったんじゃないかとう混みよう。どの橋からのぞいても釣り人が・・・。前を見ても後ろを見ても。
それでも、なんとか隙間の区間をみつけて、竿抜けしてそうなところに、ちっちゃなアダムスパラシュートをねちねち打ち込んで、魚が出てくれればおもしろいというものです。
でもすぐ前を釣っている人に追いついちゃうんです。しょうがないのでドライをやめて、ニンフに切り替え、プールをねちねちします。

ブログ用PA070507.jpg


都会の連休はあずましくないですなぁ。
nice!(2)  コメント(3) 

干しエノキが完成 [食べ物]

干しえのきが完成しました。98円の一株が干しあがると、これ1個分になりました。香りは、スルメそのもの。お金がない時にはおつまみに最適(?)です。

ブログ用PA050502.jpg


これを5gポットに入れてお茶にすると、内臓脂肪にいいらしい・・・。ってもう書いたね。
nice!(2)  コメント(2) 

さんまの新しい食べ方 [食べ物]

代々木公園で開かれた北海道フェアに行ってみました。北海道人気は変わりませんね。どの出店も行列ばかり。空いているところは・・・と、さんまライスロール! 北海道では見たことはありませんが、炭焼き台の上から香ばしい香りが誘っています。

ブログ用IMG_0965.jpg


つまり、さんまを開きの状態にして、炊き込みご飯を挟み込んで、棒状にして焼き上げた食べ物ですね。ごはんとさんま、黄金の組み合わせです。

ブログ用PA060503.jpg


700円はちょっと高いかなと思いましたが、おいしいです。さんまとお米の新たな需要になるかも知れません。
ちなみに会場で、こんなTシャツも入手しました。

ブログ用PA070513.jpg


まんべくん、ツイッター騒動で、すっかり名前が全国区になりました。こんな顔してたんですね、まんべくん。なかなかゆるい…。
nice!(2)  コメント(2) 

えのきを干すとうまいらしい・・・ [食べ物]

どうやら干しえのきがうまいらしいです。えのきたけを適当にほぐして干すだけ・・・。本当にそんなに簡単にできるんかしら。

ブログ用PA020497.jpg


とりあえず、98円の一束をほぐして、いつもの魚干し網にいれてみました。情報によると、2日で干しえのきができあがるらしい。

ブログ用PA020498.jpg


うまみが違うのと、干しえのきを1日5グラム、お茶にして飲み続けると、内臓脂肪が減るらしい。本当か?
nice!(3)  コメント(3) 

「非バトルタイプ」のための応援書 [お勧め]

日曜日、奥日光までの往復10時間で、伊藤洋志さんの「ナリワイを作る」を読んでみました。伊藤さんは、一般に提唱されるグローバルな働き方を「全世界を相手にした殴り合いの競争」と例えて、そんな中で健康的な生活ができるのは「かなりのバトルタイプ」の人だけではないかと言います。

ブログ用P9300452.jpg


じゃあ、バトルタイプでない人たちは、どうやって暮らしたらいいの? 伊藤さんが実践してきた「ナリワイ」的なやり方を紹介しています。仕事は本来、誰かに必要とされることをやってあげること、家をつくる・食べ物を作る・衣服をつくるなど=自給力でもあって、それが「ナリワイ」。ナリワイ的な作戦でする暮らしが痛快でステキだという本です。

思えば、生活のための→仕事のために→暮らしを犠牲にする という社畜生活は、「国民(経済)のための→発電のために→(破滅するかもしれないけど)原発動かします」という構図と同じですね。

いったい何のために仕事をするのか 伊藤さんのいう「人生を盗まれない働き方」に共感したところで、自宅に到着です。

nice!(2)  コメント(2) 

土砂降り のち 晴れ のち 台風 [waRashi Rod]

9月30日は日光・湯川の解禁最終日です。台風17号が接近しているものの、天気予報では15時ごろまでは雨が降らないとの予想。ならばと、浅草発午前6時20分の列車で東武日光へ向かいます。スカイツリー、完成しているのを生で初めて見ました。

ブログ用P9300456.jpg


お約束の駅弁はハゼの甘露煮+穴子+アサリで、江戸前の雰囲気というわけですな。しかし、このお弁当、朝早くに買ったからか、ヒヤヒヤに冷蔵されていました。しかも上げ底気味で1000円。値札が出てなかったので、レジで値段をコールされた瞬間、予想外の高額に絶句しちゃいました。

ブログ用P9300482.jpg


バスに乗り継いで、ようやくたどり着いた湯川に入ろうとすると、今度は上流のやぶからフライフィシャーがさささっと現れニンフを投入。しかし、それだけでは終わりませんでした。距離をとろうとちょっと下流に向かうと、驚くべき光景が。餌釣りのご夫婦が釣ろうと準備しているまさにその流れをフライフィッシャーがバシャバシャと歩いて横断しているではありませんか。
朝から続く残念な事態に心は土砂降りです。

あまりにも気の毒なのでご夫婦に一声かけ、これ以上の事態は耐えられないと、何もせずに帰ろうかとも思いましたが、せっかくここまで来たのだからと気持ちを立て直し、人のいないエリアを探します。
すると、斜面を降りないと入れない場所に人影なし。やっぱり面倒なところにはああいう方々は入ってこないのですね。やれやれと、フライを結んで流れにのせると、あっさりブルックが釣れました。川底の溶岩の、ボウル状にぽっかりあいた穴のところに潜んでいました。

ブログ用P9300461.jpg


あとはぽつぽつとヤマメなどもかかって、すっかり心は晴れ模様。やっぱり湯川はいいなぁとしみじみと解禁最終日を味わったのでした。

ブログ用P9300474.jpg


台風の大雨になったのは、釣り上がった直後の午後4時過ぎ。東武鉄道は特急が運休になって、家に戻るのに5時間かかりました。よくよく考えると、往復にかかった時間はあわせて10時間。こりゃ札幌から十勝にいくより遠いわ・・・。




nice!(2)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。