So-net無料ブログ作成
検索選択

またしても増水に泣く [waRashi Rod]

今回は、N君の車に乗せてもらって山奥釣行!ということで、千曲川源流、長野県川上村です。狙いは金峰山川。ロッククライミング好きが集うキャンプ場に車をとめて、川に入ります。

ブログ用IMGP4840.jpg


うーん、これが源流! 大きな岩がごろごろしていて、堰堤がちょっと邪魔くさいですが、心洗われます。しかし、どうも水かさが多い。イワナがつきそうな流れがなかなかありません。それでも、一カ所だけ魚がたまっている場所がありました。

ブログ用IMGP4841.jpg


N君と左右から攻めていくと、どちらも魚が出てきて大興奮!針がかりしないので、毛針をかえると、また出てきて再興奮! しかし、いつしか反応は途絶え、増水とともに釣運も流れていきました・・・。
(N君は別のところでかけましたが、バレました)。

しかし、このままでは帰れないので、川上そばの善慶庵へ。はじめに出てきたのが、レタスのポン酢がけとサヤエンドウと寒天。

ブログ用IMGP4853.jpg

ブログ用IMGP4854.jpg


この寒天、そば湯に寒天と砂糖を加えて固めた食べ物です。そば湯のあのもったり感とほのかな甘みがプリッと固まっていて美味です。
おそば(もりそば大で1000円)は、田舎そばらしく、手作り感あふれる切り口。あんまり長くつながっていないけど、そばの風味いっぱいなので、ご愛敬です。

ブログ用IMGP4855.jpg

nice!(3)  コメント(3) 

伊勢丹新宿店で小笠原み蔵さんの作品が見られます [アート]

札幌在住の立体漫画家こと木彫アーティスト、小笠原み蔵さんの作品が、あす【8月31日】から、伊勢丹新宿店の秋の大北海道展で紹介されることになりました。情報によると、出品するのはブタ30体です。

ちなみに以前、銀座の伊東屋さんで個展を開いた時に展示された作品のうち、ブタの作品はこんな感じです。

ブログ用IMGP3154.jpg

ブログ用IMGP3145.jpg


いわゆる「ほっこり系」です。一家にひとつあると、朗らかになるかもしれませんのでお勧めです。それから、ブタ地蔵シリーズというのもあるんですけど、それは来るのかしら?

ブログ用IMGP1051.jpg


伊勢丹新宿店の秋の大北海道展は8月31日〜9月5日までです。

伊勢丹のPRページもありました。こちらです↓
http://www.isetan.co.jp/icm2/jsp/store/shinjuku/event/1108hokkaido/teshigoto.jsp
nice!(2)  コメント(2) 

もうひとつの湯川 ついに新幹線釣行! [waRashi Rod]

天気予報を見ると、雨がふらないのは、どうやら軽井沢付近。軽井沢には千曲川の支流の湯川があります。そこで、かねてから構想を練っていた新幹線釣行!を決行することになりました。しかし、またしても寝坊、午前11時に新宿駅をスタートです。
長野新幹線に乗り換える大宮駅で、駅弁を物色。大宮ならではの駅弁は売り切れで、手に入ったのはこちら、わっぱ五目めしです。

ブログ用IMGP4812.jpg


このわっぱ五目めし、見た目の大きさよりも充実感があります。しかも501キロカロリーは、今まで食してきた駅弁の中でもライトです(値段はライトじゃない900円)。
あっという間に軽井沢駅に到着。しなの鉄道にのりついで目的地、中軽井沢駅です。駅から歩いて5分でやってきた湯川は、小規模で比較的平坦な流れでした

ブログ用IMGP4816.jpg


6ft6in#4の竿がぴったりな感じ。ただし、前日までの大雨でだいぶ水かさが増しています。水の色に濁りはないものの、全体的に流速がまして、ポイントは、ほとんどがつぶれている状態です。
午後1時すぎからスタートして、およそ2時間。生命反応がないなか、水中に財布を発見。色あせて、金具もさびているので、ちょっと時間がたっているもののようです。水から引き上げると、何やらヘドロ臭がします。あとで交番に届けるため、泥だけ洗ってポリ袋にいれ、ザックにくくりつけました。
でも、ここからはどうにもヘドロの臭いが気になります。よく嗅ぐと、川自体がちょっとくさい感じ。別荘地を流れるからか、はたまた湯川だけに、硫黄泉が混じっているのか?
いずれにせよ、気分が悪くなると、釣りも雑になります。終点にしていた橋の手前の流れで、ようやく小魚がフライに反応したものの、この日の生命反応はここともう一カ所だけ。さっさと切り上げて、財布を交番に届けました。
釣れなかったけど、ちょっと、いいことしたかなと思いつつ、駅前のそば屋で自分にご褒美。
このもりそば、けっこう荒っぽい切りっぷりが、なかなか、印象的です。

ブログ用IMGP4825.jpg


帰り際に、そばを油であげて塩を振ったお菓子までもらって、引き上げ。ところが、帰りの長野新幹線=夕方の上りは、平日にもかかわらず観光地帰りの人たちで、ぐだぐだに混んでいました。
新幹線釣行は失敗!?
nice!(2)  コメント(2) 

どうなる泊3号機 [観察日記]

「どうせ動いているんだから同じでしょ」とでも言わんばかりに、再稼働にこぎつけた泊原発3号機。要は、来年=2012年春に、プルサーマルの実施にこぎつけるためには、「再稼働」させなきゃならなかったんでしょうか? でもって、そのプルサーマルも、どうやら無理矢理作った「世論の理解」とやらが前提だったんですかねぇ。
元通算官僚の知事も、北電が作った「受け入れ賛成意見」がぐらついて、たいへんなんだろうなぁ。


nice!(1)  コメント(2) 

やっぱり 北電もか [観察日記]

九州電力で問題になった時に、北電も自分たちのこと調べたんじゃなかったのかしら。政官と一体の独占企業には、内部告発以外の自浄能力はないってことですか・・・。哀しいな。


nice!(3)  コメント(2) 

「自分のため」という贅沢 [お勧め]

渋谷の眼鏡店・メビウスで発注した「CONCEPT Y」が完成しました。CONCEPT Yとは、福井の工房が考案したメガネの新しい形。もともとは強度近視で分厚いレンズを使わなければならなかったYさんのために設計されたデザインです。それでYさんのCONCEPT。軽くて、他にないフォルムが魅力的です。

ブログ用IMGP4804.jpg


顔のサイズを計測して、それぞれの人にあったメガネを作ってくれます。メインのフレームとつるの色を変えることもできます。値段はそれなりにするし、制作に1月ちょっとかかりますが、職人さんが「自分のために」作ってくれたものを使うことが、何よりも贅沢です。
nice!(2)  コメント(0) 

君はメロン熊を見たか!? [観察日記]

北海道での釣り旅はあっという間におしまい。東京へ戻ると同時にまたあっつい日々がぶり返しています。その暑さをぶっとばす「ゆるキャラ」が、新宿に現れました!

ブログ用IMGP4806.jpg


その名も「メロン熊」。今回の釣行で、たまたま立ち寄った夕張の国道沿いのお土産屋さんで、売り場を埋め尽くしていたのが、このメロン熊グッズでした。なので、あまりに偶然の再会にびっくり。この日、新宿の地下にあるイベントスペース付近にたまたま通りがかって、どこかで見た大きな緑の頭が目に入ったというわけです。

ブログ用IMGP4808.jpg


暑さにめげず、がんばれ!メロン熊!!

nice!(3)  コメント(2) 

お疲れさま ジョブズさん [テクノロジー]

ついにその時がきてしまったのですね。巨人の引退はとても残念です。願わくば、このあともMacが消えてなくなりませんように。


nice!(3)  コメント(2) 

満腹のあとに見えるモノとは・・・ [お勧め]

札幌の中央区のそば屋さん、デナリに行って見ました。あまりにもおしゃれな外観にびっくりしながらも、すわってみるとかなり落ち着きます。
そばは、もりそば500円をベースに、海苔をつけるといくらとか、なんか良心的な感じです。そこで、もりの大を注文

ブログ用IMGP4711.jpg


このおそば、麺の太さ、つゆの甘さ辛さのバランスが、自分にぴったりです。窓の外の緑を眺めながらおいしく頂けます。あと、こういう器にいれると、食べ進んでいくと、底に水がたまってたりするんでけど、それがありません。そばをしめたあと、そうとうきっちり水を切っているんですね。

ブログ用IMGP4721.jpg


そば湯はティーサーバーにいれて出してくれます。いつものあの容器だと、味わいたいあの濃い部分が最後まで出てこないですよね。そこで攪拌できるようにってことなんです。そば屋で初めてみました。

ブログ用IMGP4718.jpg


デナリといえば、アラスカのマッキンリー山の現地名、先住民族の言葉で「白く偉大なるもの」を意味します。
すべてを食べ終わると、そばちょこの底に、こんな模様を見つけることができました。デナリらしくクマでした。

ブログ用IMGP4717.jpg

nice!(3)  コメント(2) 

次は条件の良いときに [waRashi Rod]

ちっちゃいブラウンを釣ったあとは、釧路在住Kさんと合流。十勝の西から流れてくる川を巡ります。濁りは少なかったものの、水量に悩まされました。相方Wも押しの強い流れにめげず川歩き。

ブログ用IMGP4790.jpg


河畔林際の緩流帯から、かなりちっちゃい魚がドライフライに出てきた以外に反応はなく、潔く十勝の味覚を頂きに芽室町の手打ちそば「縹(はなだ)」へ。

ブログ用IMGP4797.jpg


よいおそばでありました。Wが注文した天ぷらそばには天つゆを単独で出すあたり、丁寧な仕事ぶりです。
やっぱり釣りきれない十勝、次回はぜひ条件の良いときに。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

朝の散歩で釣れるしあわせ [waRashi Rod]

雨の時にたよりになるのがスプリングクリークです。泊まった先の音更町の宿のご主人が「朝の散歩で釣れるところありますよ」と教えてくれました。
さっそく早朝、散歩に行ってみました。十勝の畑作地帯の真ん中を流れる小さな川。土手にはいろんな花も咲いています。

IMGP4779.JPG


流れは、さすがに笹濁りな感じ。ただし、もともと茶色っぽいようです。植物の成分でこうなるんでしょうね、きっと。水の中にはバイカモが揺れています。河畔林からは小鳥のさえずり。なんとものんびりした雰囲気です。
膝上くらいある流れの真ん中にたって、枝のトンネルを通すようにフライを投げ込みながら、前進します。
何投かすると、小さなライズも見えてきました。どうやら、バイカモの中から出てくるようです。
ここぞというところにフライを置くと・・・。

IMGP4776.JPG


出てきたのは小っちゃいブラウン。この小さなクリークらしい1匹でした。
nice!(3)  コメント(2) 

雨ニモ負ケズ 十勝へ [waRashi Rod]

天気図を見ていると、梅雨?秋雨? とても夏とは思えない状態です。それでも休みは4日、天気を選べないのがサラリーマンのつらいところ、突入するしかありません。と目指したのが北海道・十勝。札幌から車で3時間、道東自動車道から眼下に十勝平野が広がります。天気予報は雨でしたが、なんとかもっている様子。

IMGP4738.JPG


しかし、今回初めて釣ろうと思っていた音更川は増水した上にドロドロ。隣の然別川もドロドロ。本流の十勝川はもちろんドロドロ。うーん、十勝の北側は断念して、一気に南の川へ移動します。これが正解でした!笹濁りです。新作ロッドをつないで、いそいそと河原へ。

IMGP4749.JPG

IMGP4746.JPG


なんででしょうね、山の性質が違うのですかね。上流にダムがあるからという人もいましたが、音更川も十勝川もダムたくさんありますからねぇ。とはいえ、この川も水量は多めです。ただでさえ押しの強い十勝の川。水がちょっとでも増えると、歩くのはたいへんです。しかも、ポイントが増水でつぶれていて、魚の反応は今ひとつ。
でも裏切らないのが十勝の川です。1キロほど釣り歩いたところで、テトラの下流側によさげな緩流帯が・・・。
まずはエルクヘアカディス#11で20センチほどのニジマスを1匹。ポイントをちょっと横にずらしてもう1匹。どんどん魚がでてきますが、なかなかサイズがあがりません。
もしやと、2年前に40センチオーバーをかけた黒ボディーの半沈みフライをテトラぎりぎりに投げ込むと、シュポッと吸い込まれました。とたん、ジャンプ一発、この日のために用意してきた#6ロッドをぐいぐい絞ります。



IMGP4761.JPG


あがってきたのは33センチのニジマス。十勝の30センチは、やっぱり違いました。プリプリの筋肉質といいますか、野生の荒々しさで、がんがん引いてきます。こたえられません。
このあと、時間切れで、これ以上のサイズアップはかないませんでしたが、新作ロッドの現地テストも完了してとりあえず満足。いいぞ十勝!
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

意外と特徴がなかった府庁食堂 [観察日記]

大阪府と言えば、知事は、この方です。

ブログ用IMGP4667.jpg


となれば、府庁食堂は、さぞかし大阪愛に満ちたアイデアあふれる楽しげな食堂なのではないかと思い、行ってみました。しかし・・・。

ブログ用IMGP4668.jpg


ごらんの様にメニューはいたってふつうです。イチオシのメニューはハンバーグにエビフライ・・・ですか。特段、大阪を連想させるような、独特なものはなさそう。なので、おすすめセットE 天ぷらうどん+ミニ丼 520円をチョイス

ブログ用IMGP4669.jpg


いざ、お膳をうけとると、大阪らしく潔くきつねを選ばなかった自分の甘さを反省。印象としては牛丼の味付けが、甘めなのが関西風なのかなぁ?あとは通常のだしうどんです。
帰りしな、庁舎受付の女性に、府庁グッズのようなものを売っているか聞いてみましたが、「ありません」とのことです。残念。
nice!(3)  コメント(2) 

いったいどこへ・・・

報道によると、細野大臣は「放射能汚染のがれきを福島県外で処分」と言っているようです。このニュースを聞いたふつうの人は、「ではどこへ」と思いますよね。相当な期間、厳重に管理しないと危険な物質を、「国の責任」とやらで、どこへ持っていくというのでしょうか・・・。


nice!(0)  コメント(0) 

北電 いやがらせか? [観察日記]

北海道新聞の13日の朝刊によると、法律がかわっても、北電は風力発電の電力は今以上は買わないっていっているとのこと。彼らの「原発前提の安定供給」のためには、「不安定な」クリーンエネルギーの買い取り枠はいっぱいということにしたいらしい。
ソフトバンクが計画している苫前の風力発電は、いいようにやりたい北電にとってはじゃまということだよね。
やっぱり、発電と送電を分離しないと、こういう嫌がらせが簡単にできるのね。
ソフトバンクの電力、ぜひ買いたいな。

道新の記事↓
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/311571.html
nice!(3)  コメント(3) 

人生に迷ったら ホームのうどん屋さんへ? [観察日記]

理由はわかりませんが、新大阪駅のホームのうどん屋さんは、下り線のホームの方がうまいという人がいて、従ってみました。見れば、ありがちなたたずまい。

ブログ用IMGP4684.jpg


店の外にある食券販売機の一番左上のボタンは、「なにわ満腹うどん580円」です。一番押しやすい位置のボタンということは、お勧めと言うことでしょう。迷わず食券を購入、エアコンの効いた店内に入ると、おばちゃんが一人で切り盛りしています。食券を出して、店内を見回すと、はじっこに20代前半くらいの青年がいます。
しばらくして運ばれてきたのが、これです。

ブログ用IMGP4685.jpg


なにわ満腹うどん。たこ焼きとおあげさんがのって、なんと、うどんが2玉ありました。一番押しやすいボタンがガツン系とは・・・。しかし、この日最大の驚きは、青年とおばちゃんの会話でした。
青年の前のどんぶりはすでに空。リュックを背負っています。
そしておばちゃんが青年に言ったのは
「世界を見てきなさいよ。日本にいても、日本のこと何にも知らない人が多いんだから」
ということは一体?

1)2人は親子で、息子が母親に相談にきた
2)同じ店でバイトしている同僚で、先輩として相談にのっていた
3)おばちゃんは「新幹線ホームの母」で、青年は人生相談にやってきた。

のどれかなと、と思いを巡らしていると、青年は「また来ます」と一言残して店に立ち去りました。
「また来ます」? 家族とすれば、言葉遣いが不自然です。バイトの同僚どうしならば、必ずまた来るので必要ない言葉です。とすると、「新幹線ホームの母」の身の上相談の瞬間に決まり?

結論がでたところで、うどんのつゆをすすりおわりました。



nice!(2)  コメント(3) 

要するに大丈夫なのでしょうか

地震前から動いているんだから、とやかく言うなってことなのかな。問題は、再稼働なのかどうかじゃなくて、福島みたいなことになる可能性がどれだけあるのかだと思うのですが・・・。


nice!(2)  コメント(2) 

うれしい驚き [Sports]

韓国との対戦と言えば、2010年W杯直前の、あのいや~な雰囲気を思い出しますが、どうしたことでしょう。うれいしい驚きです。ザックマジック


nice!(2)  コメント(2) 

寂しいニュース

被災地の人達はさぞ無念でしょう。残念なニュースです。どうしてこうなっちゃうのか・・・。


nice!(3)  コメント(2) 

「炭水化物+炭水化物」は大阪の王道なのだ [食べ物]

大阪城の近く、谷町3丁目界隈の居酒屋ほむらで、「ぺぺ飯」なるメニューを発見しました。つまりはペペロンチーノご飯、略して「ぺぺ飯」です。

IMGP4638.JPG


これは、うまいです!新体験です。ごはんの上にペペロンチーノがのっていて、だし汁がかかっています。トッピングは蒸し鶏と梅干し。塩とこしょうでの味付けです。なんでしょう、汁まで飲み干しちゃう的B級グルメ。猫ごはんに通じるおいしさとでもいいましょうか。

ちなみに、このメニュー、「谷町ペペ飯」として、谷町界隈の共通メニューにしたい!と実行委員会が呼びかけているようです。

IMGP4639.JPG


呼びかけのパンフレットによると、「炭水化物に炭水化物は大阪の文化です」と高らかに宣言! 基本ルールは、1多くダシを加える 2パスタを二つ折りにする 3梅干しをのせる 4白ご飯を使う の4つで、賛同する各店でアレンジしてもらって、谷町ならではの食文化にしようということです。おいしいから広がるといいなぁ。
nice!(3)  コメント(2)