So-net無料ブログ作成
検索選択

室蘭のライブハウスで「りしりん音頭」を聞く [アート]

室蘭駅近くのライブ居酒屋「ええねん」で流さんのライブを聞いてきました。ええねんはライブがない時は居酒屋さんになります。大きくはない店内は、ギター一本のライブに最適です。流さんの前に、店主のウシダシゲノブさんの歌声から。
なかでも「いつまでたってもこの調子」、いい曲でした。ギターをかきならしすぎて腱鞘炎になったとのことですが、そのかきならしから伝わるものがありました。「ぐるぐるかき回したい」(歌詞にあります)衝動にかられます。
ガンガンきたあとに流さんの曲というのも、いい流れです。「すずなり」からの演奏です。この6月に「片想い」というカバーアルバムをリリースして、その中からも数曲。これは流さんが日本各地でライブ活動を続けるなかであった、各地で活躍する「歌うたい」の曲を歌っています。旅する歌うたいでなければできないアルバム作りです。ライブの聴き手としては、地元にいながら各地へいけるようなものですし。

リスペクトアルバム.jpg


圧巻は中盤にやってきました。ギターを置いてさりげなく羽織ったはっぴには「りしりんのキャラクター」が…。アカペラのりしりん音頭、お客さんを巻き込んでの振り、夏の夜にふさわしい、ひとときになりました。

ウシダさんと流さん.jpg


ちなみに「音更小麦学校 旅立ちのうた」(音更町)、「りしりん音頭」(利尻町)、「うにまるのうた」(奥尻町)の、各地ゆかりの歌を集めた「だいすきな、ともだちのうた」も7月にリリース。CDの売上の一部を3町にふるさと納税して、返礼品を、CDを買ってくれた人に抽選でプレゼントする企画も注目です。

みんなともだち.jpg



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。